ethelvine

  • MEMBER
  • 【ラディコングラスセットB】<br>ラディコングラス&メルロー (500ml)2004】<br>Bicchiere + Merlot 2004 / Radikon
  • 【ラディコングラスセットB】<br>ラディコングラス&メルロー (500ml)2004】<br>Bicchiere + Merlot 2004 / Radikon
  • 【ラディコングラスセットB】<br>ラディコングラス&メルロー (500ml)2004】<br>Bicchiere + Merlot 2004 / Radikon
  • 【ラディコングラスセットB】<br>ラディコングラス&メルロー (500ml)2004】<br>Bicchiere + Merlot 2004 / Radikon
SOLD OUT

【ラディコングラスセットB】
ラディコングラス&メルロー (500ml)2004】
Bicchiere + Merlot 2004 / Radikon

商品コード:01-S0003

原産地:イタリア フリウリ・ヴェネツィ

ポイント:107pt

希望小売価格:0円

価格:11,825円(税込)

数量

品切れ

この商品について問い合わせる

ラディコン グラスセット A
 

*Bicchiere ビッキエーレ(グラス)  

ラディコンが、自身のワインのポテンシャルをより発揮させるためにスロヴェニアのロガスカ社に作らせたオリジナルグラス。
ひとつひとつ手吹きでつくられていて、バルーンの部分は一般的なワイングラスより強度を高め、より割れにくいものになっています。

小ぶりのバルーン型で、赤白幅広く大活躍してくれますよ

*Merlot  メルロー 2004【500ml】
(メルロー種/赤ワイン)

ラディコンの白ワインの大半がリリースされるまでに約6年(!)もかかるというのに、赤ワインに至っては、樽熟成そして瓶熟成の期間を合わせると、収穫から約10年(!!)経ってリリースされます。(生産年によってはもっと熟成させることも!)

今年収穫したブドウからできるワインがやっと商品になるのが6年後、10年後と考えると、気の遠くなるような感覚ですよね・・・それだけでも、手間暇かけて造られたこのワインの価値がわかります。

飲み頃になってから、ちゃんとワインとして商品になってからリリースする。その精神に頭が上がりません。

深い深い味わい・・

 

容量 ワイン500ml+グラス1脚
原産国・地方 イタリア
フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州
タイプ
ブドウ品種 メルロー
 

Radikon

( ラディコン )
 
 
フリウリ ヴェネツィア ジューリア州オスラーヴィアで戦後間もなく、
スタニスラオ・ラディコン(スタンコ)の祖父によって始められたワイナリー
 
1980年からスタニスラオにワイナリーは委譲され、
それまで桶売りしていたワインを、自らボトリングを始めました。
 
果実が健全で、完璧に熟したタイミングで、丁寧に手摘み。
 
果実・果皮に閉じ込められた様々な情報を最大限に抽出するため、
これまでの白ワインの常識を覆すような長いマセレーションを行います。
 
その後大樽で長期熟成。
 
そして瓶詰後も、ワインが安定するまで何年も何年も待ちます。
 
 
そうして生み出されるスタンコのワインは、
唯一無二の存在で、人々を魅了し、多くの造り手にも多大な影響を与えました。
 
そして息子サーシャは亡き父の跡を継ぎ、
頑固なまでの父とはまた少し異なる、より親しみのあるワインを造り、
今やスタンコのワインと同じくらい、世界中で愛される存在となりました。
 
固定観念から解放された自由な感性でお楽しみください。

(以下輸入元資料参照)~

フリウリ ヴェネツィア ジューリア州オスラーヴィアで戦後間もなく、
現オーナーであるスタニスラオ・ラディコンの祖父によって始められたワイナリー。
1980年からスタニスラオにワイナリーは委譲され、
それまで桶売りしていたワインを、自らボトリングを始めました。
シャルドネやソーヴィニョンなど国際的な品種の導入、
バリック内での発酵・熟成など当時考えられていた最高の白ワインを造るために
世界中で採用されていた手法をとってきましたが、
1995年からは化学肥料などの使用をやめ、
自然な農法へと移行。厳しい収量制限をされたブドウは完熟を待って収穫。
ワイナリーでは、70年代までは一般的に行われていた木製の解放発酵槽で、
1日4回もの攪拌をしながら発酵の最後まで2~3週間のマセレーションを行います。
その後白ワインは3000リットルの大樽で、赤ワインは使い古した小樽で熟成され、
ノンフィルターでボトリング。
一般的なキュヴェにはボトリング時極少量のみ添加されますが、
発酵前後には二酸化硫黄は一切使用しません。

 
 



 

CHECK ITEMS

ページトップへ