ethelvine ONLINESHOP
2018年10月の営業日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 27 28 29 30

定休日 : 日曜・祝日

 

<グラヴナー> ビアンコ・ブレッグ 2007
IGT Venezia Giulia Bianco Breg 2007/ Gravner

商品名 : <グラヴナー> ビアンコ・ブレッグ 2007
IGT Venezia Giulia Bianco Breg 2007/ Gravner

商品コード : 01-1072

原産地 : イタリア フリウリ・ヴェネツ

価格 : 8,748円(税抜き8,100円)

ポイント : 81

数量 :    残りあと3個


Gravner
(グラヴナー)



自然農法を軸にした独自の栽培法、驚異的な低収量による葡萄栽培。
オスラヴィアという土地を代表した、フリウリワインのみならず、
イタリアワイン界に多大なる影響を与えてきたグラヴナー。
 
グラヴナーといえばアンフォラによる醸造。地中に埋まっているアンフォラは
発酵中も自然と温度が上がらないため、人為的にコントロールが必要ないそうです。
 
長期間のマセレーション発酵の後、圧搾後、
(その後もう一度アンフォラで1年過したのち)大型の木樽で長期間の熟成を行う。
 
ラディコンを始め多くの生産者のワインに影響を与えたそのワイン、
その特殊な工程や技術だけではなく、農民として努力を惜しまない姿を是非感じていただきたい、
偉大な生産者の一人です。

 
グラヴナー自身もかつて行っていた、人工的で管理されたワイン造り。
 
それが間違っていたと気づいたことから、彼独自のワイン造りへの挑戦が始まりました。
 
 
彼が自分のワインを表現するのに
”vino semplice(=シンプルなワイン)”という言葉を使っていたのが印象的でした。
 
彼が行っているのは、可能な限りシンプルなワイン造り。
 
グラヴナーのワインは”自然派ワイン”でも”オレンジワイン”でもなく、
ただ古代からずっと人々の生活の中にあるワインという飲み物を、
可能な限り元来の造りに近い形で表現したいだけなのではないでしょうか。
これがワインだ、と。


 

 
ビアンコ・ブレッグ 2007



待望の新ヴィンテージ、2007年。

2007年は天候に恵まれ暑い日が続きましたが、適度に雨も降り、健康でよりよく熟成したぶどうができた年。


除梗後、アンフォラに入れ自然酵母のみで発酵、6ヶ月マセレーション(果皮浸漬)。  
その後大樽で72ヶ月の熟成。
年に1度の澱引きを行い、ノンフィルターでボトリング。その後、6ヶ月の瓶熟成後にリリース。

2007年ヴィンテージから、収穫してからリリースまでの期間が、ヨスコが最高と思える7年に遂に到達しました。


「アンフォラが、美味しいワインを造るのではない!美味しいワインを造るには、種まで完熟したぶどうを造ることが重要なのだ」というヨスコ。
今や、世界各地で一種の流行のようになったアンフォラによる醸造・・・でも、アンフォラを使用すれば美味しいワインができると誤解を招くことを嘆ているそう。

2007年から、エチケットの "Anfora"という文字を敢えて消しました。



--------------------------
容量:750ml
原産国・地方:イタリア フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州
タイプ:白
ブドウ品種 :ソーヴィニョン38%、シャルドネ34%、
ピノグリージョ20%、リースリング・イタリコ8%
--------------------------


Copyright (C) 2007 ethelvine-online. All Rights Reserved.